会社概要【ご挨拶】

ホーム > 会社概要 > ご挨拶

容器・包装を通じて日本の食文化を支える

容器・包装を通じて日本の食文化を支える

当社が取り扱うのは、食品トレーを始めとする容器、包装資材です。様々なメーカーが製造する商品の中から品質や用途、価格を考慮し流通小売業(スーパー)や食品工場、農水関係生産者、飲食店などに提案する事により、お客様の業績向上においてお役に立てることを喜びとしております。 食品パッケージの持つ役割は果てしなく大きなものです。食品の加工・配送などの流通過程において、利便性の向上や歩留まり向上によるコストアップ抑制、衛生面における役割はセルフ販売においても欠かすことが出来ません。また、デザインを始めとした消費者への販売促進としての機能も欠かすことが出来ません。大げさかもしれませんが、食品パッケージは「日本の食文化」を支えているといっても過言ではないのです。
「仕事を通じて社会に貢献する」という経営理念を掲げる当社では、この食品パッケージを扱った仕事を中心にお客様の売上向上となる販売支援を行い、お客様の繁栄を自社発展のバロメーターとさせていただいております。
すべての事業の根幹を支えているのは、シンボルマークのカンガルーが象徴する“「包む心」と通して、心に届くサービスを”という創業当初からのポリシーです。

ごあいさつ

ごあいさつ

当社は昭和24年にパッケージの原点である経木と折り箱の販売からスタート致しました。そこから包装資材販売へと移行し、スーパーマーケットという業態の急速な発展と共に業績を伸ばし、包装資材業界において中堅企業としての地位と実績を築いて参りました。しかし、今後さらに時代は変わりつつある中で、もっと裾野を広げて将来のビジネスモデルを描き出し、21世紀に存在感のある会社として舵を取って行かなければなりません。その点、当社の基本ビジネスは様々な分野に新たな業態開発が可能な業種であり、増々発展する事も可能だと自負しております。今は株式会社川和がさらなる飛躍をする為の基礎作りの時期であると肝に命じて、変化の激しい時代にもマーケットを把握し、果敢に攻める事の出来る企業でありたいと思っております。

株式会社 川和 代表取締役会長 川和弘行

ページの先頭へ